会社設立に必要な費用を工面する方法を伝授

飲み物

安定したニーズが見込める

開業する際にはまずジャンルを決めますが、安定した需要を見込めるという意味でカフェなどの飲食店はおすすめです。しかし、コンスタントに売り上げを確保するにはビジネススキルの習得が不可欠で、ゼロから学ぶ手間を省けるのを踏まえると経営コンサルタントにサポートを頼むのもありです。

女の人

整骨院で独立

柔道整復師は独立開業も可能な職種であり、保険適応で施術を受けられるため需要も高いです。開業においては保険請求も含めた届け出が必要で、その後の経営を円滑にするためにも行動する前に知識を得ておきましょう。

会社を作って事業を始める

オフィス

必要な届出

新しい会社を作り、事業を開始するためにはいくつかの届出を行わなければなりません。飲食業を営むのであれば保健所の営業許可が必要となりますし、不動産業を営むのであれば免許が必要です。このような業界独自の事務手続きに加えて、法人組織としての会社設立を行うのであれば法務局への届出が必須となります。会社設立を行うにあたり、必ず決めておかなければならない事項があります。まずは商号です。どういった名称で事業を行うのかを決めます。会社の顔となる重要な事項です。次に本店の所在地です。事業の拠点となる場所の住所を定めなければなりません。自宅を指定しても構いませんし、別の場所に借りた事務所を指定してもよいのです。そして大切なのは事業目的です。何を目的としている会社なのかを明確にしておく必要があるのです。これらを記載した定款と代表印を法務局に届けて登記することで会社設立が完了します。上記の手続には少なからず費用が発生します。会社設立の登記を申請するには15万円の登録免許税がかかります。また手続を司法書士に代行してもらう場合は別途報酬を支払うことになります。費用を抑えて会社設立をしたいのであれば、自ら書類を作成して届出をすることも可能です。しかし各所に赴く交通費や時間を加味すると、費用がかかっても専門家に依頼した方が、余計な手間を省いて事業に集中できると感じる経営者もいます。どの費用を抑えて何に投資するのかを選択するのが経営者の手腕なのです。

男の人

専門団体の支援で開業する

柔道整復師会は、無料で開業のサポートを行う専門団体です。費用を抑えて必要なサポートが受けられるのが、こちらの団体が選ばれている理由と言えます。経済的な面でのメリットが、柔道整復師会を利用すると色々得られます。